処理すべき?アンダーヘア・Vラインのムダ毛処理

アンダーヘアの処理、したことありますか?
日本の女性はアンダーヘアの処理をする習性があまりなく、きっちり処理をしている人はとても珍しいそうです。

 

「処理している方が恥ずかしい派」と「処理していない方が恥ずかしい派」がまだまだ混在している日本では、まだまだ定着しなさそうですね。

 

しかし、絶対にしておいた方がいいアンダーヘアの処理があります。

 

それはVラインの処理です。
IラインやOラインは特別な人にしか見せない部分ですし、その人がそれでよしとしてくれたら処理をする必要はないでしょう。

 

しかし、Vラインは別です。
水着になった時、ローライズのボトムを穿いた時、Vラインの毛が見えてしまうことがあります。

 

これはかなり恥ずかしいです。

 

なので、自分のよく穿くショーツの中から一番面積の少ないものを選んで穿き、そこからはみ出しているようであればはみ出している部分だけでも整えるようにしてください。

 

多くの女性はこうしてVラインを処理するかしないかを判断しているようです。
抜くと相当痛いので、カミソリで剃るようにしましょう。

 

デリケートでわかりにくいVラインはプロの脱毛エステティシャンに頼むのが1番

Vラインの毛は、生えてくると「チクチクした感じがする」と言う人が多いようです。
他の部分よりも毛が太い上に、肌がデリケートな部分ですから、そう感じやすいのでしょう。

 

もともとは毛に守られていて衣服の摩擦から守られていた部分がむき出しになって赤く腫れることもあります。

 

場所が場所だけに、これってかなり恥ずかしいですよね。
痒くても掻くことができません。

 

こうしたデリケートな部分の毛の処理は、脱毛サロンにまかせるのが1番です。

 

脱毛エステティシャンは、そこがデリケートな部位であること、そしてどう扱えばいいのかを知っています。何人もの毛を処理してきているのですから、知っていて当然です。

 

また、自分だけであれば「ショーツからはみ出たら」といった判断になりますが、エステティシャンは『ベストな形』を知っています。

 

オーソドックスの形から、星型などのオシャレで特殊な形まで、さまざまな形を知っているのです。

 

思い切って隠れたオシャレを楽しんでみるのもアリなのではないでしょうか。

 

剛毛で悩んでいる人の中には、思い切って全部処理をお願いして、全体的に薄くしてもらう人もいるそうです。

 

人それぞれに合う形がありますから、納得のいくまで相談してどのような形にするかを決めましょう。