すね毛処理を自分でするなら抜くよりも剃るのが正解。

すね毛 抜く

足を露出する時、やっぱりすね毛って気になりますよね。
せっかくショートパンツを穿いても、すね毛が目立って台無し・・・ということもあります。

 

なので、足を露出する時は必ずすね毛を処理するようにしましょう!

 

よく「すね毛をカミソリで剃って処理をするとすね毛が濃くなる」と言いますね。
そうした理由から、カミソリでの処理ではなく毛抜きでの処理にこだわっている人も多いようです。

 

しかし、カミソリで剃ってすね毛が濃くなるというのは嘘です。
毛先の断面が斜めになってしまうため、毛が太くなって見えているだけなんです。
なので心配せずカミソリで剃ってOKです。

 

もっと心配なのは、埋没毛の方です。

 

すね毛を抜いた後、毛の生えていた部分の薄皮が閉じてしまって、毛が埋もれたようになってしまうことが多々あります。
これは埋没毛と呼ばれているもので、無駄毛処理において最も気をつけなければいけない状態なんです。

 

埋没毛になってしまうと、埋もれている部分の薄皮を一度破って毛を取り出さなければいけません。
せっかくキレイにした足に傷を付けることになります。

 

しかも、埋没毛は何度でも起こる現象です。薄皮を破って取り出した毛を抜くと、また埋没毛になってしまうことがあります。

 

こうした理由から、すね毛を自分で処理する場合、カミソリで処理をするようにしましょう。

 

自分ですね毛は抜かないで

 

 

『毛が濃くなる』のは嘘だけど濃く見えるのは事実。肌ダメージも気になる・・・

しかし、カミソリで処理をするにしても問題がないわけではありません。

 

カミソリですね毛を剃ると濃くなるというのは嘘ですが、濃く見えてしまうのは本当のことです。

 

抜いた毛と違って処理してから毛先が表に出てくるまでの期間がとても短いのもネックです。
結構範囲が広いので、毎日処理をするのは大変でしょう。

 

しかもカミソリで処理をすることによって、毛と一緒に角質を削いでしまうことになるので、肌が刺激に弱くなってしまいます。
紫外線+カミソリダメージとなると、かなり肌が荒れてしまうかもしれません。

 

1番ラクで肌にダメージを与えずにすね毛を処理できる方法は、なんと言っても脱毛サロンに通うことでしょう。

 

脱毛サロンは、1回行ったら終了というわけではなく、何度か通わなければいけません。
大体2ヶ月に1回の施術を1年間行います。

 

こうすることによって肌へのダメージを最小限にして、無駄毛をなくしてくれるのです。
すね毛がなくなってしまえば、ケアにかける時間も、肌へのダメージも、最小限にできます。

 

そうした理由から、なるべく若いうちに脱毛サロンに行っておくと美肌を守れると言われています。

 

ワキ毛を抜くとどうなる?埋没毛にならないための部位別脱毛Tips トップへ